FC2ブログ

シネフィル宇都宮

宇都宮でミニシアター系作品を上映しようというプロジェクトのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程

rennseki.jpg
5人の若者たちが、長野県軽井沢の「あさま山荘」に立てこもり、警察との銃撃戦を展開したのだ。
彼らは、革命に自分たちのすべてを賭けた「連合赤軍」の兵士たち。
その後、彼らの同志殺しが次々と明らかになり、日本の学生運動は完全に失速する……。

ベトナム戦争、パリの5月革命、文化大革命、日米安保反対闘争、世界がうねりを上げていた1960年代。学費値上げ反対運動に端を発した日本の学生運動も、三里塚闘争など、農民や労働者と共に、社会変革を目指し、勢いを増していった。
活動家の逮捕が相次ぐ中、先鋭化した若者たちによって、連合赤軍は結成される。
あの時代に、何が起きていたのか。
革命戦士を志した若者たちは、なぜ、あそこまで追いつめられていったのか。
なぜ、同志に手をかけたのか。
なぜ、雪山を超えたのか。
なぜ、山荘で銃撃戦を繰り広げたのか。

1960年代から1970年代を切り取った若松監督渾身の日本映画に新たな局面を切り開いた作品。

製作・監督:若松孝二
ナレーション:原田芳雄
音楽:ジム・オルーク
配給:若松プロダクション・スコーレ株式会社
作品オフィシャルページはこちらです。


東武宇都宮駅おりてすぐのヒカリ座さんにて11月29日(土)より公開!!

上映は終了致しました。ご覧いただいた方に感謝申し上げます。
有難うございました。

DVDが発売中です。見逃された方はぜひご覧ください。
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD]実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD]
(2009/02/27)
坂井真紀ARATA

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

第5回文化庁全国映画祭コンベンション

10月23日(木)に東京の六本木にて行われた
『第5回文化庁全国映画祭コンベンション"住みたい街、行きたい映画館~コミュニティ、文化、映画について考える~"』に行ってまいりました。
コンベンションでは、韓国で新しい試みとして行われている"シネマ・シンジケート"と"シネマテーク・プロジェクト"についての話を韓国の方から実際に伺ったり、
長野市と長野市の中心市街地にある映画館を例にどのように街中を再生させていくかというケーススタディなどが行われました。
特に韓国に関しては軍事政権が長く続いたことにより、独立系の映画の製作上映が困難な状況にあったという日本とは異なる環境ではあったものの、公的な資金を投入しつつ全国で上映活動や映画館が運営されているという点で、日本より一歩先をいっているなと感じました。
日本国内においても、文化庁が日本映画を上映する事業に対して支援等を行っていますが、
今後はもっと大々的に大胆な支援をすることで、素晴らしい映画が製作上映できる環境を整えて欲しいなと思いました。
また、常に素晴らしい映画が上映されていて、映画好きが生まれる環境が作られることが重要であると強く感じました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。