FC2ブログ

シネフィル宇都宮

宇都宮でミニシアター系作品を上映しようというプロジェクトのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『アンダー・コントロール』上映会

原発を廃止するドイツの今を、圧倒的な映像美でとらえたドキュメンタリー
私たちは、果たして「原子力」を制御・解体していくことができるのだろうか?

これから日本が直面するであろう課題を考えさせられる映画です。

是非、ご来場ください!!

UCチラシオモテ

日時:2012年1月29日(日)
(1) 10:00開場 10:30開始 12:10終了
(2) 13:00開場 13:30開始 15:10終了

会場:とちぎ福祉プラザ 多目的ホール

料金:(前売) 一般1000円、学生800円
   (当日)一般1200円、学生1000円

前売券販売所:栃木県総合文化センタープレイガイド、下野新聞プレイガイド(東武宇都宮百貨店2F)

メールにてご予約いただければ、前売料金でご入場いただけます。
(大変恐縮ですが、なるべくお釣りのでないようにお持ちくださいますようお願いします。)

会場へのアクセス

[交通機関]
1 JR宇都宮駅から関東バス『清住・細谷』行きの「戸祭」下車(乗車時間約25分)、 徒歩約8分

2 JR宇都宮駅から関東バス『西塙田経由宝木団地』行きの「福祉プラザ」下車(乗車時間約25分)、すぐ

3 JR宇都宮駅から関東バス『山王団地』、『石那田』、『今市・日光東照宮』、『鬼怒川』、『塩野室・船生』行きの「長岡街道入口」下車(乗車時間約25分)、徒歩約5分

4 東武宇都宮駅からは関東バス「東武駅前」から乗車、運行先及び下車場所は*1、*3と同じです。(乗車時間約20分)

[自家用車]
 ※東北自動車道宇都宮インターから約15分、鹿沼インターから約20分
map01.gif
お問い合わせは、yujioda@snow.ucatv.ne.jpまで。

スポンサーサイト

PageTop

アンダー・コントロール

原発を廃止するドイツの今を、圧倒的な映像美でとらえたドキュメンタリー。
私たちは、果たして「原子力」を制御・解体していくことができるのだろうか?


UCチラシオモテ

かつて「夢のエネルギー」として期待され、1950年代から"核の平和利用"として使われてきた原子力。
その圧倒的な力は人類を魅了し、原子力発電は未来への経済成長を支えるエネルギーとして大きな期待の的でした。
しかし、スリーマイル、チェルノブイリ、福島を経て、現在私たちはこの力について再考することを余義なくされています。
本作はその「原子力」のこれからどう制御・解体するかについて冷静な議論を喚起するために制作された、見学・体験型サイエンス・ドキュメンタリー。

すでに原発全廃を決定し、その計画が進行中であるドイツのさまざまな関連施設の現在を、透徹したカメラワークと構成力で描き出します。
普段はなかなか入れない原子炉格納容器の内部と青白い核反応の光、SF映画と見紛うほどの精密機械で溢れたコントロール室、無残な廃墟と化した原発とその驚愕の再利用方法、地下600mの無人世界に封印された廃棄物貯蔵庫、そして核の番人ともいわれるIAEA(国際原子力機関)の内情や原発労働者たちの日常のワンシーンが鮮やかに映し出されていきます。
人間は果たしてこの悪魔的な力と容易に決別することができるのでしょうか?
あるいはその手の中で飼い馴らし"コントロール"することは可能なのでしょうか?

2011年《ドイツ》98分
DVDでの上映になります。
オフィシャルサイトはこちらです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。